全盲ヨットマン岩本が「みる」世界〜太平洋横断の冒険〜

全盲ヨットマン岩本が「みる」世界〜太平洋横断の冒険〜

ホームへ戻る > エッセイ&コラム > 全盲ヨットマン岩本が「みる」世界〜太平洋横断の冒険〜

【プロフィール】

岩本 光弘(イワモト ミツヒロ)
生年月日:1966
出 生 地:熊本県天草市
最終学歴:筑波大学理療科教員養成施設、
サンフランシスコ州立大学
資  格:あん摩マッサージ指圧師、
はり師、きゅう師、鍼灸教員免許、
アマチュア無線技士1級免許
全盲のヨットマン。多感な思春期である13歳の時に残存視力を少しずつ失い始める。16歳で全盲となる。当時は自分が視覚障害だという現実を受け止められず、ある日先生から「安全に歩くためにはこの杖を使いなさい」と言われた際も「俺はめくらなんかじゃない!」と杖を投げ返した。
人の迷惑にしかならない人生だったら、死んだ方が良い。生きる意味などないー。
ついに全盲になった16歳の夏休み、橋から海に飛び込んで自殺しようと、バスに乗って橋に向かった。でも、どうしても死ねなかった。そのあとは少しずつ、私は変わっていった。私が何故、どうやって変わっていったのか。人とのつながりの中で、自分自身のものの見方がいかに自分の人生を変えていくか、私は気づき始めました。
現在、日米の小中学校・会社や病院での社員研修などで、生きることの意味や価値を伝えながら、人々に勇気と希望のメッセージを伝え続ける。ブラインドセーラーとしても活動し、2013年にはニュースキャスター辛坊治郎氏と夢のヨットでの太平洋横断に挑戦。ハーフマラソンやトライアスロンにも挑戦し続け、何事にもチャレンジする勇気と実行力の価値を、身をもって周りに伝え続けている。




























社長ブログ 広報ブログ エッセイ&コラム オンラインショッピング お客さまインタビュー 特別インタビュー
ばね百科事典